読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なぜ、盗む?


「家宅捜索では大型のゴミ袋70個に詰め込まれた制服や下着、生徒手帳など600点以上が押収された。供述から東京、埼玉、神奈川で約20年にわたり50件以上の犯行を重ねていたことが判明しました」

 高橋は10年「キングオブコント」で優勝。相方・今野浩喜(37)とともに活動の幅を広げ、執筆や俳優業にも精力的に取り組んでいたやさきであり、事件の影響は計り知れなかった。高橋との共著本が販売停止になって嘆くのは、アイドルの小明(こあかり)だ。5年前より雑誌連載を共にするなど交流があったが、今回の逮捕で、高橋容疑者の素顔について納得した部分もあると語る。

「芸人としてとても尊敬していましたが、人が残した弁当のサケの皮を食べたり、ささいなことから私を40分間も罵倒し続けたり、ゆがんでいるなと思うことがありました。パーケンさん(高橋容疑者の愛称)は母親の自殺や、父親の借金を肩代わりしているなど人が言わないことをネタで話すので私生活を見ているような気になります。それでもゆがみの根本がわからなかった。今回の件で、『もっと言えないことがあったんだ』と‥‥」

 高橋を知る芸能関係者も同調する。

「楽屋で女の話になっても乗ってこないし、合コンに誘っても参加しない。今回の報道を見て、そういう嗜好だったのかと‥‥。以前、高橋さんのオフに、裏方として仕事の手伝いをお願いした芸人に対して『ファンにプライベートを見せたくないから』と断ったそうです」

 休日は“ウラ稼業”にいそしんでいたのか──。屈折した本性は相方にも見せられなかった。出演したDVDの企画で互いの部屋を自撮りで紹介する際にも、高橋容疑者は部屋の全景をカメラに収めることはなく、かたくなにペナントが貼られている天井周辺しか映さなかった。床には盗品を詰めた袋が敷き詰められていたのだろう。というのも、途中でビニール素材を踏みしめるような音が聞こえるのだ。この異様な映像に今野は「俺、この部屋入ったことない」と、つぶやくほどだった。

 一方で理解者を求めるような言動もあったという。

「仲よくなった人に対して『うちは親が自殺しているから』と目を見ていきなり言ってくるんです。まるで相手の反応をテストするかのようでした。パーケンさんは女性に好意を抱かれることも多かったですが、仲よくなった子にはそんな対応をしてたのか、パーケンさんの心の扉から出てくる黒いものに飲まれそうで、女の子が引いてしまい、進展はなかった」(小明

 事務所を解雇となり、コンビも解散した高橋容疑者の行く末は──。

「親しい仕事仲間に田代まさしの元マネージャーがいるんです。繰り返し覚醒剤に溺れた田代も見捨てなかった仏のような人物で、彼のサポートで芸能界に復帰するのではと見られています」

私が高橋さんの相方なら物凄いショックで立ち直れないかもしれません。しかし、今野さんは芸能界復帰を試みるということで、今後の彼の活躍に期待したいところである。